女性

コラーゲンの摂取で美肌に

さぷりめんと

らせん構造を分解

コラーゲンは、肌のハリやつややかさを保つためには、欠かせない美容成分です。そのためコラーゲンが配合されているサプリメントやドリンクなどの健康食品は、多く販売されています。飲むことで手軽に肌にコラーゲンを補充し、美肌効果を得ることができるため、人気があるのです。その中でも特に注目を集めているのが、低分子コラーゲンが配合されているものです。コラーゲンは鎖のような形状をしていて、しかもそれがらせんのように絡み合っています。そのため分子サイズがやや大きく、そのままの状態では摂取しても体内に吸収されにくいのです。ところが、らせん構造をあえて分解することで分子サイズを小さくした低分子コラーゲンなら、体内にスムーズに吸収されます。その分効果が出やすいことから、多くの人が美肌作りに役立てています。

高分子のものと一緒に摂取

一方、らせん構造がそのままの状態で残っている高分子コラーゲンにも、長所があります。コラーゲンは、その複雑ならせん構造の内部に、水分を保持しています。つまりらせん構造が残っていれば、それだけ高い保湿効果が出やすいということです。また、分子サイズが大きい分、体内で長くとどまるため、効果の持続時間が長いという長所もあります。このように低分子コラーゲンと高分子コラーゲンには、それぞれ長所があるのです。したがって、どちらか片方だけでなく両方を摂取する方が、肌には良いと言えます。そのためサプリメントやドリンクの中には、両方が配合されているものもあります。飲むことで、低分子コラーゲンによって素早く美肌効果が出てきますし、その効果は高分子コラーゲンによって長く続くことになるのです。